ソウルドラマアワード2018 news

 

2018.07.06. チャン・ドンゴンやイ・ビョンホンなど大物韓流スターのドラマ復帰

最近は大物韓流スターのドラマ復帰が目立ちます。

まず、イ・ビョンホンは、ヒョンビンの「シークレット・ガーデン」、チャン・ドンゴンの「紳士の品格」、イ・ミンホの「相続者たち」、ソン・ジュンギの「太陽の末裔」そしてコン・ユの「鬼<トッケビ>」までヒット作連発のキム・ウンスク作家の「ミスター・サンシャイン」でドラマに復帰を予定しており、 チャン・ドンゴンは、6年ぶりのドラマ復帰となる「Suits」韓国版で、すべてを兼ね備えた韓国最高のローファームの伝説的な弁護士役で、演技はもちろん申し分ない格好良さでも多くのファンを魅了しました。

あの「チャングムの誓い」のチ・ジニは、ドラマ「ミスティ」で殺人事件の容疑者に指名された韓国最高のアンカーの弁護人となった夫の役として、 クォン・サンウは、前年度「推理の女王」シーズン1に続き「推理の女王」シーズン2で頭脳派おせっかい主婦と難事件を解決していく行動派刑事に、 チョ・スンウは、「秘密の森」で、ペ・ドゥナが演じる正義感に満ち溢れた刑事と共に検察庁内部の秘密を暴き真犯人を追いかける感情を失った一人ぼっちの検事に、 イ・ソンギュンは、韓国の庶民の方々に勇気を与えるほど彼の人生作となった「私のおじさん」で、人生の重さに耐えながら生きる建築会社で働く寡黙なおじさんに,それぞれの役でドラマ復帰の成功を収めました。

もうすぐ始まるイ・ビョンホン主演の「ミスター・サンシャイン」が楽しみです。

 

 

 

2018.06.22. SHINeeのミンホなど今年もアイドル出身の俳優・女優が大活躍!

今年もアイドル出身の演技ドルが大活躍をしました。

fxのクリスタルとWINNERのカン・スンユンが「賢い監房生活」で、SHINeeのミンホが「気が付くと18」で、INFINITEのエルが「君主-仮面の主人-」で、Miss Aのスジが「あなたが眠っている間に」で安定した演技を見せてくれました。

また、ZE:Aのパク・ヒョンシクはドラマ「スーツ」でチャン・ドンゴンの相棒役を無理なくこなし、すでに抜群の演技力を認められているZE:Aのイム・シワンと少女時代のユナ「王は愛する」で、IUは「私のおじさん」で見返るほど成熟した演技を披露しました。

特に、SHINeeのミンホ主演の「気が付くと18」はソウルドラマアワード2018の短編部門にエントリーされ、受賞につながることができるか期待が高まっています。

 

 

 

2018.06.18. ソウルドラマアワード2018にエントリーした韓国ドラマ、日本でも楽しめる!

今年で13回目を迎える「ソウルドラマアワード2018」は、世界の56カ国から268作品がエントリーされ、競争部門で競い合っています。 競争部門にエントリーした韓国ドラマの主な作品は日本でも楽しむことができます。

アジアドマラチックTVで「サム、マイウェイ」、衛星劇場で「秘密の森」、KNTVで「カネの花」と「マザー」、LaLa TVで「黄金色の私の人生」を楽しむことができます。

一方、昨年ソウルドラマアワード2017で韓流ドラマ最優秀作品賞、韓流ドラマ男子演技者賞(パク・ボコム)を受賞した「雲が描いた月明り」をBS-TBSとLaLa TVで、、韓流ドラマ主題歌賞を受賞した「鬼(トッケビ)」をアジアドマラチックTVで、韓流ドラマ女優賞(パク・ボヨン)を受賞した「力の強い女ト・ボンスン」を日テレプラスで楽しむことができます。

 

 

 

2018.06.01. 第13回「ソウルドラマアワード2018」9月3日 開催

今年で13年目を迎える「ソウルドラマアワード2018」は、世界56ヶ国から268作品がエントリされ、歴代最大の規模で開催されることになりました。

今年はエントリ作品の中で、日本の「陸王」、スペインの「The Power of Silence」,イギリスの [Little Women]のように小説を原作とした作品が目立ちます。 他には北米はスリラーが、中央アジアは家族を主題とした作品が多かったです。

一方、韓国ドラマは、パク・ソジュンの「サムマイウェイ」、チョ・スンウとペ・ドゥナの「秘密の森」、チャン・ヒョクの「カネの花」、パク・シフの「黄金色の私の人生」、イ・ボヨンの「マザー」、ミンホ(SHINee)の「気が付くと18」がエントリされ世界各国の268作のドラマと競争を繰り広げることになりました。

結果は来る9月3日ソウル市内にあるKBSホールで行われる授賞式で発表・授賞されます。 またその模様はSBSを通じて放送される予定です。

 

※第13回ソウルドラマアワード2018について

 

 

2017.9.7.パク・ボゴムの「雲が描いた月明かり」、2冠王に!-ソウルドアマアワード2017結果

12回を迎えたソウルドラマアワード2017が、9月7日ソウルのKBSホールで、シン・ドンヨプとキム・ジョンウンの進行で盛大に行われました。

エントリーされた266作品の中から大賞に選ばれたのは、心温まる家族愛を描いたアメリカの「This is Us」でした。

そして注目の的になっていた韓流ドラマ部分では「雲が描いた月明かり」が韓流最優秀賞と主演を務めたパク・ボゴムが韓流ドラマ男性演技者賞に選ばれ2冠王に輝きました。 また、「W-君と僕の世界-」と「ドクターズ~恋する気持ち」が優秀賞に、「力の強い女ト・ボンスン」のパク・ボヨンが女性演技者賞に、「鬼(トッケビ)」主題歌を歌ったエイリー(Ailee)が韓流ドラマ主題歌賞に輝きました。

第12回ソウルドアマアワード2017授賞式の模様は10月13日衛星放送にて日本初放送される予定です。

ソウルドラマアワード2017 授賞式の結果は【こちら】